インターネットの凄さを知りました。

スポンサードリンク

こんにちわ、ぎょうざや女将です。

 

昨日からインターネットを利用した餃子の販売を開始しました。
正直なところ、驚いております。

 

これほど大勢の皆さまからご注文を頂けるなんて、とても夢にも思っていませんでした。息子が常々「時代はインターネット!」と言っていたのが、少し理解出来たような気がします。

 

約15年間、細々と小さな小料理屋を営んで来ましたが、一日でこれだけの数のご注文を頂いたことは、正直申し上げて一度もございません。

 

本当にビックリしております。

 

私はずーっとインターネットで買い物をするということに、不安を抱いていました。何が不安かというと、販売する側の顔が見えないことが不安だと思っていました。

 

今の時代、街中に自動販売機は溢れていますが、それと通信販売とは感覚が違います。私のようにお客様と対面してサービスを提供する人間からしたら、インターネット販売は不気味・・・何とも言えない気持ち悪さを感じていました。

 

ところが、必ずしもそうとは限らないとも思うようになりました。インターネット販売と言えども、画面の向こう側には作り手の私や娘、販売活動する息子がおり、購入してくださるお客様がいます。

 

インターネット販売だろうが、今までしてきた事と何一つ違いはありません。1粒1粒、真心を込めて餃子を作り、楽しみにしてくださっている皆さまの食卓へお届け出来るよう、精一杯頑張りたいと思います。

 

材料の刻みから包作業まで、全て手作業で行うため、ご注文頂いた皆さまには、お手元に届くまでお時間を頂戴し、誠に申し訳ありません。

 

お待たせした分、とびきり美味しい餃子をお贈りしますので、
何卒宜しくお願い致します。

 

それでは、慣れない私の代わりに、私が言った言葉をキーボードで叩いている息子が、とても辛そうにしているので、本日はこの辺で終わりたいと思います。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク