里芋といんげんの煮物そぼろあんかけ風の作り方【大人のおつまみレシピ】

スポンサードリンク

こんにちわ、ぎょうざや十兵衛 営業本部長(仮)です。

 

不定期更新の「大人のおつまみレシピ」

 

今回は里芋といんげんを使った煮物にひき肉をプラスして、ちょっぴりとろ〜りした食感が楽しめるそぼろあんかけ風のレシピです。

 

材料(2人分)

里芋・・・200g
塩・・・小さじ1/2
鶏ひき肉・・・50g
酒・・・大さじ1
砂糖・・・小さじ2
みりん・・・小さじ2
醤油・・・小さじ2
ほんだし(顆粒)・・・小さじ1
お水・・・100cc
★片栗粉・・・小さじ1/2
★お水・・・小さじ1

 

作り方

里芋といんげんの下準備

  1. 里芋はこすり洗いして良く乾かし、両端を落として皮をむく。
  2. 里芋は食べやすいサイズ(2~3等分)に切り、鍋に入れる。
  3. 塩をふり入れ、鍋を大きくゆするか木べらで全体にからめ、ぬめりが出てきたらかぶるくらいの水(分量外)を入れて火にかける。
  4. 煮立ったらザルにあけて水洗いし、汚れやぬめりを除いて水気を切る。
  5. いんげんは食べやすいサイズに切っておく。

 

煮込む

  1. 鍋に里芋・いんげん・鶏ひき肉・酒を入れて中火にかけ、菜箸を4本ぐらい使って混ぜながらポロポロにする。
  2. 水・砂糖・みりん・醤油・ほんだしの順に加える。
  3. 沸騰したら弱火にしてアクをとり、弱火〜中火の火力で落し蓋をして煮込む。
  4. 汁気が1/3程度になったら煮汁に★を加え、とろみをつける。
  5. 味見をして薄ければ、醤油・みりん・砂糖で味を調整する。
  6. 最後に器に盛り付ければ完成。

 

営業本部長(仮)の声

ホクホクで柔らかい里芋に味がじゅわ〜っと染み込んで、とーっても美味しい♪

 

里芋といんげんだけの煮物でも十分美味しいけれど、そこに鶏ひき肉をプラスしてちょっぴりとろみをつければさらに美味しくなります( *´艸`)

 

味付けですが、最初は「薄めかなぁ〜って」って感じる程度で作ってみて、最終的に調味料で味の濃さを調整すると良いです。

 

煮物の場合、最初から濃いめに作ってしまうと煮詰めた後にメチャクチャしょっぱくなったりすることがあるので注意。

 

あとは焦がさぬように火加減に気をつけながら、落し蓋をしてじっくりと煮詰めれば、里芋の甘みと鶏ひき肉の旨味とコクを味わえる煮物の完成です。

 

作ってみたいけど「里芋の下準備が面倒くさい!」という方にはスーパーで売っている冷凍の里芋がオススメ。

 

すでに皮が剥けている里芋がそのまま冷凍されているものも売っているので、説明通りに解凍したら、面倒な下準備はせず、お鍋に入れて調理スタートです。

 

とっても簡単な煮物レシピ、夕飯の1品、お弁当やお酒のおつまみに作ってみてはいかがでしょうか(*´▽`*)

 

安心・安全こだわりの冷凍生餃子を販売してます

冷凍生餃子のお求めはコチラからどうぞ
→『ぎょうざや 十兵衛 オンラインショップ』はこちら

 

彩女 / ぎょうざや十兵衛 お店情報

昼の部 営業日:月・火・金・土のAM12:00~PM14:30迄
夜の部 営業日:月・火・木~土のPM19:00~PM23:00迄
住 所:埼玉県川口市戸塚東1丁目3-7にて営業中
電話番号:彩女 – 048-298-0038 / ぎょうざや十兵衛 – 048-295-0666

埼玉県川口市戸塚東1丁目3-7

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク