「ジャガイモと小松菜とツナでキッシュ風な卵焼き」の作り方【大人のおつまみレシピ】

スポンサードリンク

みなさんお疲れ様です、ぎょうざや十兵衛 営業本部長(仮)です。

 

不定期更新だけど、そこそこご好評を頂いております「大人のおつまみレシピ」

 

今回は、美味しそうな新ジャガが手に入ったのでこれを使おう!!ということになり、「ジャガイモと小松菜とツナでキッシュ風な卵焼き」を作ったのでご紹介します。

 

材料(4人〜6人分)

卵・・・6個
じゃがいも・・・3〜4個
小松菜・・・2株
ツナ缶・・・1缶
★塩・・・大さじ1
★コショウ・・・小さじ2
★チキンコンソメ(顆粒)・・・小さじ3
★生クリーム・・・大さじ2~3
⚫︎ケチャップ・・・大さじ4
⚫︎マヨネーズ・・・大さじ2
⚫︎タバスコ・・・小さじ1

 

作り方

ジャガイモと小松菜の下処理

  1. ジャガイモは流水をあてて、たわしでこすって泥を落とします
  2. 包丁や、ピーラーで丸みに合わせて皮をむきます
  3. 芽には毒素があるので、包丁の刃元を使い、しっかりえぐり取ります
  4. 半分に切ってから薄くスライスします
  5. 小松菜はさっと洗ってから根を落とし、葉の部分を2~3cm幅にザク切りします

 

ボウルに材料を入れて味付け

  1. 大きめのボウルに卵6個を割り入れ
  2. ジャガイモ・小松菜・ツナ(軽く油を切って)を加えます
  3. 塩・コショウ・コンソメ・生クリームで味付けし、よーく溶いておく

 

フライパンでじっくり蒸し焼きにする

  1. サラダ油(大さじ1)を敷いたフライパンを弱火で熱し
  2. ボウルの中の材料を一気に入れる
  3. 蓋をし、弱火のまま20分ほど蒸し焼きにする
  4. 周りに焦げ目がついて、卵がふっくら仕上がって来たら大きめのお皿に移す

 

オーロラソースとかけて完成

  1. ボウルに⚫︎の材料を入れてよく混ぜオーロラソースを作る
  2. 綺麗に切り分けた卵焼きにソースをかけ
  3. プチトマトやパセリなどを添えれば完成です♪

 

営業本部長(仮)の声

食べることが大好きな方はご存知の方も多いと思いますが、そもそもキッシュとは卵とクリームを使って作るフランスのアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理のことです。

 

パイ生地やタルト生地の器の中に、卵・生クリーム・お肉・野菜などを加えてチーズをのせ、オーブンでこんがり焼き上げた物をキッシュと呼びます。

 

税込900円でご提供している定食の1品料理でパイ生地やタルト生地など手間のかかることをしては赤字になってしまいます。

 

そこで今回はキッシュ風な卵焼きとしてお客様にお出ししたところ、大変ご好評をいただきましたので、作り方をまとめてみました。

 

思いのほか簡単に作れますし、ご飯にもビールにも合うので興味がありましたら是非とも作って欲しい一品です♪

 

週末のおもてなし料理にもピッタリですし、材料も色々とアレンジできます。

 

おすすめな具材としては

 

ベーコン・コンビーフ・ソーセージ・パルメザンチーズ・ほうれん草・にんじん・たまねぎ・かぼちゃ・パプリカ・エビ・ホタテ・ミックスベジタブルなどなど・・・

 

ご家庭にあるもので様々な味わいの「キッシュ風な卵焼き」が簡単に作れてますので、小さなお子様と一緒に作ってみても、きっと楽しいですね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

ということで、今回はこの辺でっ!!

 

それではっ!!

 

安心・安全こだわりの冷凍生餃子を販売してます

冷凍生餃子のお求めはコチラからどうぞ
→『ぎょうざや 十兵衛 オンラインショップ』はこちら

 

彩女 / ぎょうざや十兵衛 お店情報

昼の部 営業日:月・火・金・土のAM12:00~PM14:30迄
夜の部 営業日:月・火・木~土のPM19:00~PM23:00迄
定休日:水・土・日・祝日
住 所:埼玉県川口市戸塚東1丁目3-7にて営業中
電話番号:彩女 – 048-298-0038 / ぎょうざや十兵衛 – 048-295-0666

埼玉県川口市戸塚東1丁目3-7

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク