【燻製日記】豚肩ロースの塊肉で手作りベーコンを作ろうの巻

スポンサードリンク

仕事場から徒歩2、3分で行けるスーパーの精肉コーナーで、豚肩ロースの塊肉がリーズナブルなお値段で売っていたので迷わず購入。

 

もうこれは燻製にするっきゃねぇ!!と想像が膨らみ顔がニヤニヤ。

 

上機嫌なボクは、息子(9歳)に好きなものを1つだけ買っていいよと言ってあげたところ

 

紅鮭の粕漬けを持ってくる姿を見てさらにニヤニヤ。

 

酒粕で丁寧に漬けられた、まろやかな塩味の紅鮭。

 

息子も中々よいチョイスをするじゃないの(*´﹃`*)

 

,まぁ紅鮭の粕漬けの話は置いといて、買って来た豚肩ロースの塊肉に塩・ブラックペッパーをたっぷり塗りこみ塩漬けし、ジップロックに肉を入れ、ローリエを4枚ほど加える。

 

あとは空気を抜いて密閉し、冷蔵庫で10日間寝かせて熟成させます。

 

10日後

 

冷蔵庫から肉を取り出し、表面についた塩やコショウを綺麗に洗い流します。

 

その後、水を入れたボウルに肉を浸して7時間程放置、これでしっかり塩抜きしていきましょう。

 

この塩抜きがとーっても大事な工程でございます。

 

「塩漬けしたのに、なんでわざわざ塩抜きするのよ?」

 

なんて声が聞こえてきましたが、実は塩に漬けた後に水に浸して塩を抜いたほうが肉に均等な塩味が付くのです。

 

塩抜きが終わったら、水気をふき取り、ラップはせずに冷蔵庫で12時間脱水します。

 

ええ感じで脱水できました٩(๑´3`๑)۶

 

あとはいつも通り、燻製鍋にさくらのウッドチップ&ピートでじっくり1時間ほど燻製していきます。

 

このままかぶりつきたいレベルで燻されています。

 

欲望を抑えつつ、粗熱をとって冷ましてから、冷蔵庫で2日ほど寝かせます。

 

2日後のお肉がこちら。

 

スモーキーフレーバーがしっかり効いているスモークベーコンが完成しました!

 

これは間違いなく美味しいやつ!!

 

豚バラ肉と違ってそれほど脂こく無いのがこれまた良い!!

 

見よっ!この美しい断面をッ!!!

 

もぐもぐもぐっと食べてみると、ベーコンというよりハムに近い感じがする不思議なお肉。

 

ビールのお供に申し分無いほどの美味しさです。

 

はぁ〜美味しかった(*´ ꒳ ` )

 

ごちそうさまでした♪

 

安心・安全こだわりの自家製冷凍生餃子を販売してます

冷凍生餃子のお求めはコチラからどうぞ
→『ぎょうざや 十兵衛 オンラインショップ』はこちら

 

彩女 / ぎょうざや十兵衛 お店情報

昼の部 営業日:月・火・金・土のAM12:00~PM14:30迄(年内はお休み)
夜の部 営業日:月・火・木~土のPM19:00~PM23:00迄
住 所:埼玉県川口市戸塚東1丁目3-7にて営業中
電話番号:彩女 – 048-298-0038 / ぎょうざや十兵衛 – 048-295-0666

 

インスタグラムやってます

ほぼ毎日、美味しい料理の写真を投稿してます。

 

↓♪フォロー大歓迎です♪↓
https://www.instagram.com/gyouzaya.juubee/

 

公式アプリはじめました

通販でのお得情報や、料理レシピ、定食メニューや夜のメニューなど写真付きでチェックできます。

 

↓ダウンロードはこちら↓
■App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id1234077901

■Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.appcapsule.ac2900136001

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク